よくあるご質問
Q

検定試験にはどのようなものがありますか。

全商協会が毎年実施している検定試験には次のものがあります。
検定試験はそれぞれの教科・科目の目標を達成することを目指して、商業高校の生徒の技術や専門知識の向上を図るために実施されています。

おすすめの記事

商業高校卒業後の進路状況はどのようになっていますか。

全国の商業高校生の進路に関する概況を見ると、ここ数年の状況では約60%の生徒が進学、約30%の生徒が就職をしています。特に近年では、進学する生徒が増加しており、これは商業高校で取得した資格を活かし、学校推薦型選抜、あるいは総合型選抜による進学者が増えてきているからだと思われます。また、商学系の大学に進学した場合には、基礎的な科目は高校時に学習をしているので、進学してからの学習活動にも大いにプラスになっています。なお、全商協会の特別推薦の制度も現在約20の大学との提携をしており、毎年多くの商業高校生がこの推薦制度を利用して進学しています。就職に関しましては、昨今の経済状況の悪化により雇用情勢も厳しいものがある中、商業高校生は身に付けた資格・特技を活かし、現場での即戦力として企業からも大いに期待されています。特に、地元企業との密接な連携の元、毎年安定した求人をいただき、普通高校にはない就職先を確保している状況です。

検定試験にはどのようなものがありますか。

全商協会が毎年実施している検定試験には次のものがあります。検定試験はそれぞれの教科・科目の目標を達成することを目指して、商業高校の生徒の技術や専門知識の向上を図るために実施されています。 ビジネス計算 情報処理 管理会計 簿記 商業経済 ビジネスコミュニケーション ビジネス文書 財務諸表分析 英語 財務会計

商業高校の学びの特色は何ですか。

商業高校では大学進学にも対応できる普通科目の学びに加えて、普通高校では勉強しない商業に関する科目(詳しくはQ2で説明しています)を全体の1/3程度勉強します。 その結果、次のような知識・技術・能力を身に付けることができます。 商業に関する専門知識・技術を習得。 社会に出てから必要となるマナーやビジネスの知識を身に付ける。 ビジネスに関する人材に求められる知識・技術・能力を証明し、ビジネス社会で活躍するために必要なさまざまな検定試験の資格取得。 また、近年では社会のサービス化・情報化・国際化などの進展に伴い、従来の商業科のほかにより専門性を深める小学科を設ける学校もあります。流通ビジネス科・会計科・国際ビジネス科・情報処理科など全国で30種余りの小学科があります。さらに、普通高校・総合学科高等学校等においても商業科目を選択科目として設置し、商業科目の学習ができるというケースもあります。

Page Top Page Top

Page
TOP