生徒がつくる!商品開発プロジェクト

松の陽だまりパン

兵庫県立松陽高等学校
松の陽だまりパン

商品説明(コンセプト等)

災害食のパンと言えば、硬くて食べづらい乾パンを想像したのではないでしょうか?そのイメージを払拭した、乳幼児や高齢者にも食べられる、お腹に優しい商品です。

  1. いつでも食べられる(賞味期限が長く、災害時・病気の時でも)
  2. どこでも食べられる(容器が災害に強く、衛生状態が維持できる)
  3. 誰でも食べられる(乳幼児・高齢者の方にも)
  4. すぐに食べられる(お湯がなくても水でも)
  5. 美味しく食べられる(兵庫県産の特産物、栄養価の高い食材を使用)

おすすめの記事

屋久高オ茶レーヌ

「屋久高オ茶レーヌ」は、SDGsについて学んだ生徒がフードロスの解決を目指すと同時に、屋久島の新たな特産品として売り出そうと企画開発した商品である。地元の製茶会社から廃棄する三番茶を提供していただき試作を重ねて完成に至った。 屋久島の無農薬茶葉を使用したマドレーヌは、バターの甘い風味とお茶の風味が絶妙に絡み合い、食感も良く、一度食したら忘れられない味となっています。 詳細はこちら

まんぷく愛娘(あいじょう)弁当 2023

21 世紀に入り世界各国で資源不足が叫ばれています。これからは持続可能な社会づくりを意識して生活していかなくてはなりません。そこで、SDGsを意識した商品開発を行いました。 商品開発の視点として、「1 規格外の食材の活用」「2 容器の簡素化」「3 包装の簡素化」「4 地域食材の活用」を取り入れました。地元のB級食材や未利用魚を中心に総菜のレシピを開発しました。また、イラスト作成ソフトを利用してラベルを作成しました。 詳細はこちら

Page Top Page Top

Page
TOP